理学療法士専門学校4年生。。。2人のママですが(笑) PT目指して頑張ります!!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト
スポンサーサイト
2011/09/19(月)


スポンサーサイト
バタバタしていて、久しぶりになったような。。
身内?が、交通事故に合いました。

あんまり詳しく聞いてないんですが、肋骨8本、頚胸腰椎骨折で脊髄は無事。不幸中の幸いなんじゃないでしょうか。しかし絶対安静で動けないってのは大変そうでしたが。。
でも、無事じゃないけど、良かった。

金曜の授業で、脊髄損傷の実技をやりました。
最初、指定無しで頭部のみの寝返りをやってみる。

どうしたら、効率よく寝返りできるか。

でも首から下は動かせない。
私は何度やってもできませんでした(>_<)
首の力だけで首以下を動かすのは大変!!

グループでまず反動をつけてかなりのスピードで素早く寝返りした人がいて、なんだか凄かった。

正解?というか一番効率良くできるのは、頚部を寝返る下方→伸展させながらやることらしい。

次にC 6損傷の寝返りを考える。
で、実際出来るようにする。これはやり方を最初からおしえてもらったんですが、かなり体の柔軟性がないとダメだわ。。

何回かやってみて、やっとコツをつかめたような。。

背臥位からは上肢の振り子運動で寝返り、肘立て腹臥位になる。それから体幹と下肢を両上肢を交互に動かしながら近づけ、足を引き寄せるそれから肩甲帯の前方突出によって長座位となる。

しかしここからが、難しい。動作を出来るようにして、文章化+分析。

まだ残ってるしなー。

そういえば、小児のレポート課題も出されたし、義肢の小テストもあるしで、やっぱりやることいっぱーーーい(>_<)
昨日寝れなかったから、今日は寝れるかなぁ。。

コメント
この記事へのコメント
わたしは30歳半ばから、専門学校へ入りなおしてPT,の資格を取得し、現在、PT.として働いています。

20歳代までと違って、丸暗記ができない年代なので、記憶、記憶の連続の勉強はなにしろ大変でした。
理屈を考えるのは好きなのですが、国家資格を取るためには何しろ暗記必須!で・・・。

理屈がわからなければ記憶もできなくなっていたので、必死で学校や、スーパーバイザーに食いつき、教えをこいなんとか国家資格をとることができました。

就職してからは現場では、それが実に役に立っています。

学校で習ったことを知識として丸暗記して試験に通った人も現実には多くいますが、やはり、患者さまに必要なのは、その患者さま自身をよくみて的確に評価することから始まりますから。

患者さまを評価するための判断力を培うのは学生時代から掘り下げて考える努力をすることが重要だと思います。
それには自分自身の体で実際に動いてみる体験してみることがもっともてっとり早いですよね。

ご検討お祈りしています。

長々とすみません。
2012/09/23(日) 22:08 | URL | セラピストけいこ #81/lD5GQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mezasept001.blog84.fc2.com/tb.php/356-6ddd72f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。