理学療法士専門学校4年生。。。2人のママですが(笑) PT目指して頑張ります!!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト
スポンサーサイト
2011/03/08(火)
今日のテストで2年生の本試験が全部終わりました。

まだレポートが残っているので、学校には今週いっぱ行く予定ですが。。。

2年生後期の本試験は、そんなに難しいテストがなかったのですが、
今回は先生に難しいと宣言され、それなりの対策を立ててはいたのですが。。。




・・・・・難しい。



普段は満点狙いで、範囲はほぼ把握できているのですが、今回は久しぶりにあれ?あれ?
思った以上に強敵でした。

問題130問。ほぼ、空欄を埋めよBY神経内科。

範囲は約130ページ、まとめたルーズリーフ表裏使って30枚以上。。。。

ここまででるのか~。。。あ~これ、勉強したけど、出てこない問題が沢山!!
こんなに空欄が出来てしまうなんて。。。

久しぶりに、結果がドキドキします。

結果は明日か明後日。そして、3日後再試験という。。。
なんだかほんとに何人受かったか分からない状態、下手したら1人も受かってないかも?という感じです。
130問の問題を1時間でやるとなると、じっくり考えている余裕は無い。

一通り埋めて、あとで考えようっていう問題が多すぎて。。。

範囲が広すぎて、把握ウル覚えばかり。。。
解答解説の時に、あ~これだったのかぁっていう問題ばっかり。

例えば、パーキンソン病に使われる薬として、L-DOPA、抗コリン薬、ドパミン作動薬があって、L-DOPAは早期、若年では使用しない、抗コリン薬は副作用があるなどで高齢の場合使えないのでL-DPPAを使う辺りまでおさえたのですが、問題は、パーキンソン病に使用する薬の歴史的背景を元に順番を記入というような問題。今考えれば分かるのですが薬の名前さえ出てこない(;;)

教科書に載ってない問題もたくさん出ました。

でもでも、問題を見ていて結構抑えなきゃいけないところが分かりました。
解答解説を聞いたらですが。。。

でも、ホントに難しかった!!私たちが130ページの中から、これらの重要な項目を見つけられるかといったら、半分くらいしか見つからないと思う。

だから、浅く、広くやって頭が容量オーバーになってしまうのよね。。。

なんだか、テストが終わって、あ~終わった~!春休み~!!っていう気分ではないのです。
レポートもあるし、明日、明後日の結果もドキドキ。

自己採点では、単純に数を数えたら40問間違え位。私の中では相当です(;;)
でも、単純に()1つ合っていて何点ではないみたいなので、ちょっとドキドキ。

今回は、今まで確実に再試を免れてきた人たちも危ういです(^^;)
初赤点??2年最後のテストは受かって次に行きたいですけどね(><)






スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。